ホーム » ディレクター魂 » 西野 智美

ディレクター魂

美容師は修行時代から自分との闘いに時間を費やします、先に見えているものはそれぞれの夢。
一人前の職人として羽ばたくとき、それまでの苦労が報われ更に切磋琢磨して自身を磨くのです。
技術は勿論の事、美容師であるが故妥協しないこだわりとセンスが感性として備わり味を出してくれるのです。彼・彼女らに夢を語り結果思いもよらない事態へ発展もしますが、何処までも語った夢を追い続けると一つの個性的なサロンへと向かうのです。そんなサロンの重要なポジションとしてAmieには店長の上にディレクターが存在しています。
皆店長を経験し、自店舗は勿論の事、全サロンのスタッフの成長を様々な角度から支援、管理して、店長や主任達との連携を元にフィードバックする影の力でもあるのです。
組織の中では最重要ポジションで、人育てで何を求められているか?何をしなければならないか?
店長と並んで現場のもう一つの大きな力なのです。
自由で個性的な面々のAmie”ディレクター魂”を紹介致します。

これまでのディレクター魂

感覚派

西野 智美

美容師14年目に突入しました。
10年目超えてから、さらに2倍にも3倍にも美容師の楽しさを感じています。
私は理論が苦手・・・かなりの感覚派。
本当昔からスポーツや勉強も感覚派でした。

そんな中撮影やコンテストの楽しさを感じたのがアシスタント3年目の時。
社内でフォトコンがあり世界観というテーマで雪の世界観をイメージし作りました。
カメラマンの戸破さんの助けもあり初めて良い作品がとる事が出来ました。



グランプリはハワイ賞という事もありましたが、南国は苦手だしそもそもアシスタントだしグランプリとれるわけがない。けどやっぱりかっこいい作品は作りたい!
そんな気持ちで作品づくりをしました。
そして本当奇跡かと思いました。
そのコンテストのおかげで、私はデザインをする楽しさを感じることができました。
もっとチャレンジしたくなりコンテストに出続けています。
年数なんて関係ないです。この奇跡が私のやる気スイッチになりました。
がんばったらがんばった分だけ夢が叶う達成感も経験してもっとチャレンジしたくなりコンテストに出続けています。

ハワイは行ったらいいところ。南国苦手もなんだっただろうと思います。
感覚派ですがトレンドやお客様個人の個性を生かしつつデザインを追求できる美容師であり続けたいです。



プロフィール

Depth design products
サブディレクター
西野 智美

Depth design products ディレクター/mods hair から Depth design products と移動して今年14年目を迎える。 アシスタント時代から個性的かつ負けず嫌いな一面を持ち、将来店長候補として送り込んだが見事昨年から店長としてリーダーシップを執る。戸破ディレクターの存在もさることながら、顧客・スタッフへの気配りとサロンの経営的感覚も磨き輝きを放っている。 2007年 Amie のフォトコンテストでグランプリを取り、その後毎年のようにコンテストで上位を獲得。今年GBC鹿児島大会グランプリ。11月には全国大会へチャレンジする。Amieの中でも強烈なインパクトを持つサロン同様、強さと厳しさ、そして優しさを併せ持つ店長である。

店舗リスト

デプスデザインプロダクツ

depth design products
デプスデザインプロダクツ

鹿児島市名山町4-10

今一番のお気に入り

時計

29歳店長をしていた時、年末自分のモチベーションを上げるために自己ベストを出したら時計を買うと決めていました。買った時、もっと頑張ろうと決めた時計です。毎日付けていないと落ち着きません。今は少し味が出すぎていますが・・・長く使うとあの時を思い出します。私の中ではとても大切なものです。